仕事 体験

自己主張と我慢の使い分けが大事

2019年9月1日

どーもしゅんちゃむです!

先日会社の飲み会がありました。

そこには一昨年まで僕の課長だった人もいました。

その旧課長はとてもカリスマ性のある方で部内の課長達の中でもボス的存在の課長でそこの部下で働けたことは今でも誇りに思います。

現在その課長はというと子会社に異動となりその子会社で次長を務めています。

というのも課長の中でも年齢が上がるにつれて次の課長枠を増やす為に課長の異動や昇格が行われます。その旧課長も部長に昇格できるほどの力はありましたが、その時の役員の都合で昇格ではなく子会社で次長を務めるという、いわゆる天下りになりました。

ちなみに今の僕がここまで成長できたのはその旧課長のお陰と言っても過言ではありません。とても僕の事を可愛がってくれたし、僕の努力もしっかりと評価されました。前の工場にいたときにここまで自分の事を評価してくれる人はいませんでした。

そんな旧課長ですが今でも飲み会の時には必ず参加してくれます。

俺がおらんくてもしっかりやれてるか不安だもんで」とお決まりのようにいつもいってますが今でも元部署の事が気になってるんだと思います。

飲み会の途中でたまたまトイレで旧課長と鉢合わせになり課長が、

頑張ってやっとるか~?」といつもの感じで聞いてきました。

いつもは「それなりには頑張ってますよ~(笑)」という感じで返すのですが、最近上司に対して不満がたまっているというのもあってその時今の現況を打ち明けました。

最近上司と意見がぶつかりあう時が多々あります。こういう時は反論しない方がいいんですか?自分は性格上間違っていないと思ったらすぐ反論してしまいます。

すると旧課長はすぐにこう返してきました。

自己主張と我慢は半分半分だ。自分の意見を言うのは大事。あとは言い方。そして時には我慢することも大事。全部が全部反論してたら相手もムキになって感情で喋ってくるから

要するにまずは自分がどう思っているかを相手に伝え、相手の意見もそれはそれでしっかり受け入れることで理解しあえるというもの。

確かに僕は心の中のどこかに相手の発言を認めたくないと思う部分があったのかもしれません。冷静になってしっかりと話しを聴いてみることでまた違った視点から物事をみるようになれるのかな?と思った一日でした。

-仕事, 体験

© 2020 しゅんちゃむブログ